読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50歳のたふらんけ

あとさき考えずに思ったことを書きなぐれ!

怪しさ全開!「rerolpxei」「emorhc」「xoferif」

PC・家電

ここのところ、プリンターの調子が悪くて何とかならんもんかと調べていた。
結果として技術的な物のようでなんともならん結果に。
ただ、その過程で面白そうなアプリを見つけたので使ってみたくなった。

地中深くから拾ってきたモノなんぞにロクなものはない。
分かっているが、たまにアタリもあるので慎重に。
いざダブルクリック。

すべて英語なので、おそらくだが「解凍してインストール、解凍して保存、キャンセル」という選択肢なのだろうか。
ここは「解凍して保存」を。

直後、早速Aviraが反応。
2つばかり隔離されたところで解凍を「キャンセル」した。
解凍画面は消えたが、その後もしばらくAviraがいくつかのファイルを隔離していた。

久しぶりにやっちまったか?
とりあえずネットを無効にして再起動。
あら?タスクバーにあるはずの「Chrome」と「Firefox」のアイコンがない。
スタートメニューにも出てこない。
やらかし決定だな。

一応Cドライブを直接覗いてみたら、怪しいものを見つけた。
ブラウザのアイコンがいくつか入っている「Browsers」なるフォルダを発見。
基本的にIEは使わないが、それでもIEのアイコンにわずかに違和感。
直接IEの実行ファイルが入っているフォルダを開き、見比べてみたらやはり偽物。
Chromeのアイコンも同様。
そのほかにFirefoxOperaのアイコンもあったな。
同時に「~.bat.exe」なる拡張子のファイルあり。
なんじゃこりゃ。

スタートメニューフォルダも直接覗いたら、ChromeFirefoxIEのアイコンがそれぞれ二つずつ。
一つは偽物なのだが、本物の方は「隠しファイル属性」に変わってた。すげーな。
しかも偽物のショートカットのプロパティ(リンク先)を見たらあの怪しいフォルダへ繋がってた。
最終的に「exe.rerolpxei.bat」だと。

rerolpxei→iexplorer、emorhc→chrome、xoferif→firefox、ふざけんな!!

ちなみにこの問題、調べても日本語で解説しているサイトをほぼ見つけられなかった。
とりあえず関連がありそうなファイルやフォルダを削除し、最後に気休めのウィルススキャンで。
再インストールは面倒なのでしばらく様子見。

「Roaming/Browsers/exe.erolpxei.bat」で検索してみるとよろし。


デスクトップPCのモニタ交換 DELL E2213(2016年の最後っ屁)

PC・家電

もう何年使っているのかさえ忘れたブラウン管モニタ。
改めて型番を調べたらなんと、2002年発売の物とか。
最近不調でとうとう交換したが、なんと壊れなかったブラウン管だったのだろうと。

17インチのブラウン管、と言ったら今の人たちはびっくりするのだろうな。
ブラウン管にはいいところもあったし、解像度を高くしていたわけではないので年寄りにはちょうどいいサイズだった。

さて、新調したモニタはDELL謹製のE2213という型番。
新調と言っても中古品な訳だが、パソコンにはあまりこだわりがないし年の瀬でもあるし。
何よりも「大蔵大臣」の目が怖い。

特別これがほしいという事でもなかった。
LEDバックライトという言葉と、22インチワイドという言葉に引かれただけである。
また、オークション開始金額が安かったという事もあった。
ちなみにE2213Hというものも存在するが、これは「H」が付かないタイプである。

新調するにあたり、一番重視したのはやはり「文字の大きさ」である。
先代の17インチでのアイコンや文字の大きさはちょうどよかった。
もちろん大きさは調整すればいいだけの話ではあるが、いちいち面倒である。
さらに、どうせ替えるならワイドがいい。

今まではSXGA、ドットピッチが約0.26mm。
ならばワイドであれば単純にWSXGA+(16:10)とか。
フルHD(16:9)でもいいのだが、21.5インチだと画面は広いがピッチ次第では全体的に小さく表示される可能性がある。
実際にショップへ行って現物を見る限り、外見の大きさ的にはちょうどいい感じだったが。

中古ショップ巡りするも、比較的最近の物は予算的に厳しいなと感じた。
せいぜい頑張って19インチスクエア程度か。

というわけでオークション。
しかし事はうまくいかず。
様々なモニタに入札するも、ことごとく入札→高値更新がしばらく続いて辟易していた時に「なんとなく」で入札。
なかばあきらめていたが、運よく落札できた。
しかも、調べたら平均落札価格の半分くらいだった。
写真で見る限り、ポンコツでもなさそうだし少々面食らったのは事実である。
実物が来るまでドキドキであった。

結果、転売しても儲けが出そうなくらい良好なもので一安心。
解像度はWSXGA+、ドットピッチが約0.28mm。
アイコンや文字などはほぼそのままで、画面がかなり広くなった。
いや、むしろ広すぎて使いにくいかもしれないと思ったほど。

使って2日ほどだが快適快適。
裏メニューで稼働時間も見てみたが、約7000時間ほどだ。
これが長いのか短いのかは分らんが、ざっくり考えてみた。
2012年製なので約4年間、1年の平日数はおおよそ250日位だそうだ。
企業向け製品という事もあり、企業や学校で使われていたものだとすると計算によれば月~金で使って1日7時間程度だろう。
リースアップ品だったのだろうか。

いずれにしても、金額から見ればかなりお買い得だったのではなかろうか。
すぐ「壊れなければ」の話だが。

ちなみに今までのブラウン管モニタ。
お金をかけてまで処分するのはもったいないのでバラして一般ごみへ。
もちろん細かくして分別して、だ。

==忘備録として12月31日に追記==
裏メニュー(FactoryモードとかFactoryメニューとか言うらしい)は、完全に自己責任。
設定を変更しても、基本的に「元に戻す方法がない」とか。
ぐちゃぐちゃになったら手が付けられないので注意!
・一番目のボタンと二番目のボタン、電源ボタンと三つのボタンを同時押し
・画面が点いたら一番目のボタンを押す
・裏メニューが左上に出てくる
※裏メニューモードで通常メニューを表示させると、機種名のほかに赤字でなんかのコードが表示される
※念のため眺め終わったら、いったん電源OFF/ONして通常モードにしておく


やっぱり

雑記 スマホ

ブログなんぞ、小生には続けられないという事が改めて分かった。

前回の記事からすでに5ヶ月の空白って。

特に書くこともないが、「どうしてる?」なんてHatenaからメールが来てたので少しだけ。

 

バーチャルなんとかって言うのに興味があり、グーグル先生に教えてもらいながら、100均でパーツを揃えてゴーグル(もどき)を自作した。

ん、なかなかおもしろい。

結局数千円のゴーグルを購入。

とりあえず安物で、と思って買ったのだがこれが「アタリ」だった。

本来ニッキュッパ位するゴーグルだったのだ。

もちろん新品である。

某国でよくある「類似品」なのだとばかり思っていたが。

 

しかし、である。

最初は動画などで面白がっていたのだが、うまく動いてくれないアプリが多すぎ!

と思っていたら、なんと「ジャイロセンサー」が必要とか。

なんじゃそれ?

調べない小生も悪いが、もうちょっとわかり易く「あなたのスマホジャイロセンサーは付いていますか?」などと説明があってもよかろう。

なんとZenfone2Laserにはジャイロセンサーは無かったのである。

 

はい、終了。


ThinkPad X121e(AMD E-450) + Linux Lite 3.0

PC・家電

さて、2か月ぶりのブログなわけだがいろいろあった。

が、割愛。

しばらく放置してるとHatenaから「そろそろブログでもかかない?」などとくるんだね。

 

以前、Win10は思ったよりいいなどとのたまったが、結果から言うと全然ダメ。

Win10が、というわけではなくPCパワーが追い付かないという理由から。

で、Linuxを入れてしばらく使っている。

 

かなり昔からLinuxには興味はあった。

だが、実際に使ってみると素人の小生には敷居が高く、一度はあきらめた。

その後何度もトライした。

使わなくなったノートPCをどうしても復活させたい一心で。

最近では「CrunchBang」が気にいっていたが、微妙にPCとの組み合わせが悪いのか使い辛いところもあり放置していた。

で、先月たまたま見た情報だと「CrunchBang」が無くなって「BunsenLabs」に代わったと。

早速X121eへインストールしてみたが、インストール自体進まない。

調べたら、BunsenLabsの元ネタ(Debian 8 Jessie)とX121eのナントカ(忘れた)が相性が悪いようだとの情報あり。

それでもがんばったが、やはり小生には限界。

 

実はもう一台、DELLのInspiron2200というジジイがいて、これにLubuntuを入れている。

CPUはCeleronM1.30GHz、メモリは512+256で758MB。

Lubuntuのバージョンは14.04LTSで、conkyで少々カスタマイズした以外はほぼ素のまま。

かなり快適に動いてくれてた。

という実績があるのでX121eも最終的にはLubuntuに、という思いがあったのだが、その前にまた色々入れては出し、を繰り返してみた。

 

ジジイよりはX121eの方が体力的にもありそうなので最近の物をいくつか。

で、落ち着いたのが「Linux Lite3.0」である。

一部では日本語に問題がある、などと言う情報もあったが問題なし。

多少腕が上がったのか、カスタマイズもスムーズに。

思うようなものが出来上がった。

所詮はネットと、Libreofficeでの作業を少々する予定のX121eなのでこれで決まりにした。

それとHDMIも問題なく出力してくれる。

TVで動画も楽しんでいる今日この頃である。


Zenfone2Laser(備忘録 その六)#SMARTalkを使ってみる

スマホ

電話を使ってみたくて数日考えた結果、IP電話のSMARTalkを使ってみることにした。

と、その前に一度初期化をしたかったのでどうせならランチャーを試してみた。

 

ちまたで噂のNOVAランチャーをはじめ、色々インストール&アンインストールを繰り返し落ち着いたのがbuzzHOMEというランチャー。

数十万種類あるテーマから選べ、さらに自分流にカスタマイズもそこそこできる。

一旦はこれで決めようと思ったが、いじってはリセット、いじってはリセットを繰り返しているうちに嫌になってきた。

さすがに5インチの画面でポチポチはキツイ。

で、原点回帰ということで。

 

結局はデフォルト画面にて、アイコンの並びを4x4にし(アイコン同士の隙間に余裕ができる)、ShortcutIconChangeというアプリでアイコン下の名前をすべて取り去り最小限のアイコンのみを並べてみた。

これがすっきりしていて結構いけてる。

 

さて、自分の備忘録ブログを参考に初期化を実行。

少々変更があったがとても参考になった。

そうそう、最初の立ち上げ直後にはGooglePlayを自動更新しないように設定しないと勝手にどんどん更新されてしまうので。

必要なアプリをインストール、不要なアプリをアンインストール&停止、で最後にホーム画面にあるアイコンを4x4に、さらに名前を消し去り終了。

 

本題。

まずはSMARTalkを使うべくPCから登録。

登録にはクレジットカードか楽天またはスルガのデビッドカードで、とあったのでデビッドカードで。

滞りなく登録作業を終えた。

PCにてログインしつつ、スマホではアプリをダウンロードして英数字的なものを2ヶ所に入力、これだけ。

使えるまで最長で1時間くらい掛かる、との事だったがすぐつながった。

ちなみにWiFi、4Gともに問題なくつながっている。

「あなたの電話番号はxxxですよ」という案内はないが、PCでログインしたときに確認できる。

 

IP電話は品質(音質や延滞など)はよくないと聞いている。

少しでもよくなるように「おまじない」的な事を実行。

コーデックの変更である。

設定>SIPアカウント>※自番号の右端にあるボタン>詳細設定

と進むと音声コーデックがある。

WiFi用のコーデックはそのまま、パケット送信間隔を10msに、さらに固定で。

3G/LTE用のコーデックもまったく一緒の値にした。

コーデックに関してはそれなりに意味があるものなので、状況によっては変えていくつもりだ。

 

設定のどこかに着信方法があるので「プッシュ通知」を選択。

ここでスマホ自体の自動起動マネージャーでアプリを「許可」しておかないとプッシュ通知が受け取れない。

自動起動マネージャー、落とし穴だな。

 

連絡先がちょっとめんどかった。

すでに何かが連絡先に登録されていた?!

勝手にGoogleから引っ張ってきていたらしい。

新しい連絡先を登録する場合、なにと同期させるか聞いてくるので自分は迷わずGoogleで。

あとで初期化しても簡単に設定できるように。

 

最後に目玉の留守番電話。

その前に、不在着信の場合は登録時のメアドに着信通知が来るのだけれど、これが来たり来なかったり。

なにか条件があるのか・・・、アプリ側で分かるし上部通知エリアに「白電話にバツ」印で知らせてくれるし、ま、いいか。

留守録は10件までにしか保存できないので、ここはメールで通知&音声データ添付、さらにメール送信後には音声データ(サーバーから)削除、を選択。

留守録になるまでの時間は30秒にセット。

コールにすると約10回ってところか・・・、もう少し長くしておくか。


Zenfone2Laser(備忘録 その五)#カバーを替える

スマホ

購入直後から使っていたカバーが「ヘロヘロ」になったので替えてみた。

透明で薄くて画面保護シールも付いてきてコスパも良かったのだが。

やはり「安い、薄い」のはそれなりだった、ということで。

よくあるTPU製カバーで600円程度だった。

 

今度のカバーはTPUとプラスチックの2層になってて、いかにも「強そう」な感じ。

二周りほど大きく重量もズッシリ。

送料込みで950円。

他のサイトでも探したが同じものが見当たらず、楽天で購入。

似たようなものはあったが、シンプルさではこれで十分。

レビューでプラスチック部分にカーボンシールを貼っている方がおられ、小生も真似てみた。

上出来。


久々の更新

雑記

丸2か月、更新が無かったですね。

ま~、こんなもんでしょうね。

 

この2か月間の出来事をまとめてみます。

といっても特筆すべきものはないですが。

 

(1)Zenfone2Laserをメーカー送りに

ちょうどいいタイミングで機会が訪れたのでASUSに相談して送ってみました。

結果として、メイン基盤交換となり以前よりはコンパスのズレは少なくなりました。

完全ではないのですがこのあたりが限界点なのでしょう。

送ってから戻ってくるまで15日間ほどで、対応は言われているほど悪くはなかったです。

 

(2)BDプレーヤーを貰った

数年前のBDプレーヤー(HDD付き)を貰った。

録画ができなくなって新しい物を買ったので、と言う。

プレーヤーとしての機能は健在らしいので貰ってきた。

分解、掃除、念のためHDD繋ぎ直し、組み立て、電源ON。

設定からHDDフォーマット、設定初期化、初期設定。

あら、普通に動きますけどなにか?

かなり古いものでネットワーク関連が全くないのが不満。

 

(3)ガラケーの料金

3月繁忙期、会社携帯を持たせてもらえず自前の携帯を使っていた。

通話料で7000円越え。

ありえない。

直談判するも「勝手に自前の携帯をつかったんやろ」だと。

BK企業もいいところ、あきらめた。

 

(4)会社辞めたい

50歳にもなって、と言われそうだがもう限界。

身分はアルバイト(正確には契約社員)で、半年やってみたがもう限界。

正社員になるにはさらに半年かかるらしい。

まともな社訓を掲げている割にはルーズすぎる部分が多すぎ。

直属の上司はとてもいい人で、その人がいなければ成り立たない位のテキトーな会社。

BK企業万歳。